グルコサミン

グルコサミンはもともと人のからだの中に存在している物質で、軟骨に不可欠な成分であるプロテオグリカンの生成に欠かせない存在です。

軟骨の中に水分を閉じ込めるグルコサミノグリカンというタンパク質の生成にもグルコサミンが必要です。グルコサミンが不足してくると、軟骨細胞のプロテオグリカンの生成能も衰え軟骨の健全性を阻害することになるのです。

それからコンドロイチンはムコ多糖体の一種で、加熱するとゲル化(凝固)する性質をもつ食物繊維の仲間です。関節・靭帯・腱の弾力性・円滑性を保持する作用があり、プロテオグリカンの構成成分である水分を保持するのに重要な役割を果たしています。軟骨を分解する酵素の働きを抑え軟骨が必要以上に破壊されるのを防ぎます。

コンドロイチンが減少すると、関節軟骨は変形し関節軟骨の弾力性も低下していきます。

私たちが自由に関節を曲げ伸ばしできるのは、関節そのものより関節軟骨の働きが大きいのです。

軟骨の働きは

●骨がこすれ合う時に生じる摩擦を軽減します。

●骨にかかる衝撃を和らげます。

軟骨の新陳代謝には

●軟骨には血管がなく、血液での酸素、栄養分、老廃物の出し入れ(新陳代謝)ができません。

●そのため、軟骨の65~80%を占める水分(関節液)の出し入れで新陳代謝を行っています。

グルコサミンとは、カニの甲羅やエビの殻などに含まれている成分のことです。
軟骨を含め、私たちの全身の組織に存在しています。
もともと体内にある成分ですが、年齢とともに作られにくくなるといわれています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする